ロシア カラシニコフ 「ソ連風」EV発表 | 高級車や次世代自動車のレンタル・販売を手掛けるインターセクトが最新カー情報を配信。

COLUMNコラム

ロシア カラシニコフ 「ソ連風」EV発表

2018/08/24

自動小銃AK47で知られるロシアの武器メーカー、カラシニコフ社は8月23日、1970年代の旧ソ連車「コンビ」に着想を得た新型の電気自動車(EV)「CV1」を公開した。米EV大手テスラのライバルになると自信満々だ。

コンビ?ゾンビ? 酷評も

モスクワ郊外の軍事見本市でお目見えした試作車はレトロな外観で車体の色は淡いブルー。これを見たロシア人から賛否が渦巻いており、インターネット交流サイト(SNS)ではロシア初のEVを歓迎する声とともに「(コンビでなく、旧ソ連の車を復活させた)ゾンビだ」と酷評も上がっているようだ。

価格や発売時期、スペック等は不明だが、全世界でのEVのシェア争いにロシア製EVが加わりますます楽しみな展開になりそうだ。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018082500458&g=int (参考記事)

関連タグ

#テスラ#テスラレンタカー#モデルS#モデルX#MIRAI#MIRAIレンタカー#レクサス#レクサスレンタカー#ZEV#EV#FCV#電気自動車#燃料電池車#次世代車#インターセクト#ISレンタリース

#ロシア#カラシニコフ#CV1#EV