高級車や次世代自動車のレンタル・販売を手掛けるインターセクトが最新カー情報を配信。

COLUMNコラム

東京モーターショー2019
2019/10/01

東京モーターショー2019

レクサスが新型のコンパクトEVを東京モーターショー2019にて初公開する可能性が高いことがわかった。
英Autocar誌電子版によると、新型EVは2015年に発表された『LF-SAコンセプト』にインスパイアされた電動ハッチバックモデルになるという。
エクステリアの詳細は不明ながら、ブランドアイデンティティであるスピンドルグリルは継承する必要があると示唆している。またキャビン内では、ステアリングホイールの両側にデジタルディスプレイを配置、一方にインフォテイメントシステム、もう一方に車両情報を表示する未来的デザインが継承されるようだ。
また同社のチーフエンジニアの佐藤氏は、メルセデスベンツが『Aクラス』『CLA』『GLB』など新型を、BMWが『1シリーズ』新型、そしてアウディは『A3』新型を9月のフランクフルトモーターショーで発表予定などエントリーモデルに力を入れており、レクサスがその市場を強化していくことは必須であると語っている。
このコンセプトモデルは市販化が期待されており、米国で販売終了している『CT200h』後継モデルとして発売されると予想されている。

【空飛ぶクルマ】
2019/09/04

【空飛ぶクルマ】

21世紀の産業革命を実現させるために現在、日本を含む世界各国が空飛ぶクルマの開発に取り組み、実証実験を実施している。「人類永遠の夢」と言われることもある空における自由な移動が手軽に叶う日もそう遠くない。
空飛ぶクルマが実用化されれば交通業界にイノベーションが起きるだけでなく、物流業界に対しても大きなインパクトを与える。人を乗せたクルマやバイクが、大空を自由に移動する…SF都市にでてきそうな光景。そんな「ずっと先のもの」と思っていた夢のようなことが、にわかに現実味を帯びています。
経済産業省は、国土交通省と合同で「空の移動革命に向けた官民協議会」を設立し、「空飛ぶクルマ」の実現に向けたロードマップを完成させました。
【最先端EVテスラモデル3】まもなくリリースです!事前予約受付中です!

ご予約受付デスク  0120-86-5677
受付時間 10時~18時
https://www.is-car.com
 

#テスラ#テスラレンタカー#モデルS#モデルX#モデル3#MIRAI#MIRAIレンタカー#ZEV#EV#電気自動車#燃料電池車#次世代車#インターセクト#ISレンタリース#名古屋#事故代車#テスラ名古屋#テスラ心斎橋#テスラ川崎

新着情報/『dカーシェアー』がスタート!
2019/08/01

新着情報/『dカーシェアー』がスタート!

8月よりドコモが提供するカーシェアー・レンタカーの集約サービス『dカーシェアー』でインターセクトのハイクラスレンタカーがご予約できるようになりました。今、話題のテスラ、MIRAI、レクサスのラインナップをお値打ちにご提供させて頂きます。次世代自動車で令和の夏のドライブをご堪能下さい。

今すぐ登録↓↓↓↓↓
https://carshare.dmkt-sp.jp

 

UX電気自動車
2019/07/07

UX電気自動車

レクサスは、2018年10月のパリモータースショーにて、『NX』の下に位置する最小クロスオーバーSUV、『UX』(LexusUX)を初公開したばかりだが、同ブランド初となる完全EVモデル発売の可能性があることがわかった。
海外自動車情報サイト「AutoGuide」によると、レクサスはWIPO(世界知的所有権庁)へ『UX300e』の名称を商標登録したという。同ブランドでは、ハイブリットモデルに「h」の文字を記しており、「e」はフル電気自動車の表記と憶測されている。これまでレクサスは、エレクトリックモデルに消極的だったため、疑問も残るが、商標登録が事実なら発売も十分考えられ、密かに開発が進められていた可能性もある。
AutoGuideでは、レクサスに確認を取ったようだが、「将来の可能な生産計画についてはコメントしない」と伝えられた。

レベル3
2019/06/25

レベル3

自動運転レベル3の最大の課題はいかに安全に運転手に切り替えるか 自動運転の進化のために必要な技術のひとつが「ドライバーモニタリングシステム」だ。名前の通りに、ドライバーをモニタリングするためのもので、特にレベル3の自動運転システムに欠かせない。
ちなみにレベル3の自動運転システムとは、「運転自動化システムが、すべての運転タスクを実行する。実行中であれば、ドライバーは何もしなくてよい。ただし、作動継続が難しくなったときは、ドライバーが交代する」というもの。システムが順調に働いていれば、ドライバーは何もしなくていい。周囲の監視もしなくていいのだ。ところが、突発的な状況変化などで、システムが「これ以降、自動運転での運転タスク実行が不可能」と判断すると、運転操作がドライバーに戻される。

メルセデスベンツEQC
2019/05/20

メルセデスベンツEQC

2個のモーターは最大出力408hp。航続は最大で471km EQCには、メルセデスベンツが新開発した電動パワートレインを採用する。モーターは前後に2個搭載し、4輪を駆動する4WDの「4MATIC」になる。2個のモーターは、合計で最大出力408hp、最大トルク77.5kgmを引き出す。前後アクスル間で走行状況に応じて、トルク配分を行う。動力性能は、0~100km/h加速を5.1秒で駆け抜ける。最高速はリミッターによって、180km/hに制限される。
バッテリーはリチウムイオンで、蓄電容量は80kWhと大容量。重量は652kgで車体中央の低い場所にレイアウトされる。1回の充電での航続は、欧州のNEDC計測モードで最大471km。急速充電は、欧州や米国ではコンボ方式、日本や中国ではチャデモ方式に対応しており、バッテリーの80%の容量なら、充電はおよそ40分で完了する。

ジャガーEV『I-PACE』
2019/04/15

ジャガーEV『I-PACE』

東京~軽井沢間を無充電で往復できる。ジャガーとして初のフルバッテリーを採用するエレクトリック・パフォーマンスSUVが『I-PACE』。1000万円級のEVであり、90kwhのリチウムイオンバッテリーと、最大効率97%を発揮するジャガー製モーターを前後に備え(つまりモーター4WD)、合計最大出力400ps、0-100km/h加速4.8秒を誇るハイパフォーマンスEVということになる。

ジウジアーロのGFGスタイル、ハイパーSUV『カンガルー』発表(ジュネーブモーターショー2019)
2019/03/20

ジウジアーロのGFGスタイル、ハイパーSUV『カンガルー』発表(ジュネーブモーターショー2019)

ジョルジェット・ジウジアーロ氏が率いるGFGスタイルは、ジュネーブモーターショー2019において、電動ハイパーSUVコンセプト、『カンガルー』を世界初公開した。

ドアは上方に開く設計で、ガラス部分はガルウイング方式で開く。

アルミ製スペースフレームに、カーボンファイバー製ボディを組み合わせた。

フェンダーは、ポリカーボネート製、ウインドスクリーンはグラスファイバー製として、軽量化を追求する。

買い方も新しいEVセダン、ポールスター2 発表(ジュネーブモーターショー2019)
2019/03/19

買い方も新しいEVセダン、ポールスター2 発表(ジュネーブモーターショー2019)

『ポールスター2』は、「プレミアムな5ドアファストバックEV」をテーマに開発された。

車台は、ボルボカーグループの「CMA」(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャー)プラットフォームがベースとなる。

EVパワートレインは、前後にそれぞれモーターを搭載し、4輪を駆動。

2つのモーターは合計で、最大出力408hp、最大トルク67.3kgmを引き出す。

< 12 3 >